サッカーの静岡県高校新人大会は11日、愛鷹広域公園多目的競技場などで男子2回戦を行い、8強はすべて中部勢となった。

 連覇を狙う静岡学園は東海大翔洋を延長で2―1と下し、清水桜が丘も2―0で暁秀を退けた。清水東はPK戦で袋井を振り切った。準々決勝は12日に行われる。

 女子は1回戦4試合を行い、藤枝順心、常葉橘などが準決勝に駒を進めた。

 ▽男子2回戦 静岡学園 2(1―1 0―0 延長 0―0 1―0)1 東海大翔洋 藤枝東 2(1―0 1―0)0 浜名 清水桜が丘 2(0―0 2―0)0 暁秀 清水東 3(3―0 0―3 延長 0―0 0―0 PK5―3)3 袋井 藤枝明誠 3(...    
<記事全文を読む>