県高校新人スポーツは5日、県北体育館ほかでバレーボール、女子サッカーに熱戦を繰り広げた。バレーボール女子決勝は宇中女が接戦を制して2-0と国学栃木を退け、記録の残る1975年以降では初の栄冠を手にした。男子は足工大付が2年連続36回目の優勝を果たした。女子サッカーは決勝で文星女が2年ぶりに女王の座に就いた。

...    
<記事全文を読む>