(第2日・昌平高校ほか=5日) 準々決勝を行い、正智深谷、西武台、昌平、武南がそれぞれ勝利し、準決勝進出を決めた。

 昨夏の全国高校総体4強で連覇を狙う昌平は佐相のハットトリックを達成する活躍で聖望学園に4―0と大勝。2年ぶりの頂点を目指す西武台は後半1分に宮田が決勝PKを決め、浦和西に1―0で競り勝った。

 今冬の全国高校選手権ベスト8の正智深谷は斉藤、西沢のゴールで越谷西に2―0で快勝。武南は1―1の後半34分に長谷川が決勝点を奪い、昨秋の全国選手権埼玉大会準優勝の浦和南との接戦を制した。

 準決勝は12日、昌平高校グラウンドで昌平―武南(10時30分)正智深谷―西武台(12時30...    
<記事全文を読む>