サッカーの県高校新人大会は4日、昨秋の全国高校選手権埼玉大会ベスト8と、各地区予選を突破した8校の計16チームが参加して開幕。決勝は18日、西武台高校グラウンドで行われる(11時)。今季の勢力図を占う戦いを展望する。

 今冬の全国高校選手権8強の正智深谷と、昨夏の全国高校総体4強で県S1リーグを制した昌平が経験の差で頭一つリード。西武台、武南の両私学が続き、浦和東、浦和南など公立勢が追い掛ける構図だが、実力拮抗(きっこう)で混戦模様だ。

 全国選手権で埼玉県勢として6大会ぶりに準々決勝に駒を進めた正智深谷は、1回戦でふじみ野の挑戦を受ける。選手権の3回戦でも得点を取ったFW梶谷を中...    
<記事全文を読む>