ラグビーの東海高校選抜大会は18日、静岡県磐田市で開幕した。初日はブロック別1回戦があり、全国高校選抜(3月31日開幕・埼玉県)予選も兼ねて東海4県の1・2位校が集まるAブロックでは、県1位の朝明が関商工(岐阜)を下してベスト4進出を決めた。19日の準決勝で西陵(愛知)と対戦する。

 一方、県2位の四日市工は岐阜工に敗れた。

 東海4県から各4チームが出場して、A、Bの2つのブロックに分かれてトーナメントを戦う。Aブロックは全国高校選抜の東海地区予選も兼ねており、上位2位までが原則全国大会に出場できる。

 県内からは今月5日まで開かれた県高校新人大会の結果、優勝の朝明、準優勝の四日市...    
<記事全文を読む>