ラグビーの県高校新人大会最終日は5日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿であり、全国高校選抜(3月30日開幕・埼玉県)につながる15人制の部決勝は朝明が四日市工を68―12で下して4年連続10回目の優勝を果たした。両チームは、全国選抜の東海枠2を争う東海高校選抜(18日開幕・静岡県)Aブロックに進む。

 東海選抜には東海4県から各県1・2位チームがAブロック、3・4位チームがBブロックに分かれてトーナメント形式で対戦する。

 県内からは県高校新人大会優勝の朝明、準優勝の四日市工がAブロック、3位の稲生、4位の木本がBブロックに出場する。

 3月25日から27日までは岐阜市で東海地区10人...    
<記事全文を読む>