静岡県高校新人大会は5日、ラグビー、バレーボール、サッカーを行った。

 ラグビーは草薙球技場で決勝を行い、聖光が東海大翔洋を29―8で下し5連覇した。聖光は前半7分、青島のトライで逆転。スクラムで優位に立ち、後半に3トライを加え突き放した。

 バレーボールは草薙このはなアリーナで男女決勝を行い、女子は西遠が三島南を退け、男子は静清が聖隷クリストファーを下し、ともに初優勝を飾った。

 サッカー男子は1回戦16試合。昨年の全国選手権県大会決勝と同カードとなった藤枝明誠―浜松開誠館は、藤枝明誠がPK戦を制した。清水桜が丘、静岡学園なども2回戦に進んだ。

...    
<記事全文を読む>