柔道の近畿高校新人大会第1日は28日、兵庫県姫路市の県立武道館で男女計14階級の個人戦があった。男子は60キロ級の顕徳大晴(神港学園)や73キロ級の村上優哉(神戸国際大付)ら、兵庫勢が4階級を制した。

 男子66キロ級は神戸国際大付の鎌田が初優勝。鋭い切れ味の技で小気味よく敵をたたきつけた

...    
<記事全文を読む>