第39回全国高校柔道選手権佐賀県大会第1日は28日、基山町総合体育館で男女の団体戦があり、男子は佐賀商が4年ぶり23度目の優勝、女子は小城が3年ぶり7度目の頂点に立った。両校は3月19、20の両日、東京都の日本武道館で開かれる全国大会に出場する。

 勝ち抜き戦の男子決勝は佐賀商と佐賀工が対戦。大将戦までもつれ込んだが、最後は佐賀商の川添晃毅が一本勝ちして優勝を決めた。女子の小城は佐賀商との決勝で、先鋒(せんぽう)夏秋葵、中堅大石野乃がともに優勢勝ちを収めて勝負を決めた。

 県大会最終日は29日、基山町総合体育館で男女の個人戦が行われる。

 【男子】1回戦 太良(1人残し)佐賀農、佐賀...    
<記事全文を読む>