剣道の県高校新人大会は25日、県武道館で女子団体を行い、守谷が10年連続18度目の優勝を飾った。守谷と、代表決定戦で勝利した土浦湖北は全国高校選抜大会(3月27、28日・愛知)に出場する。 守谷は決勝で先鋒(せんぽう)の瀬川千賀子(2年)が2本勝ちを収めて先勝。中堅戦を落とすも、大将戦で小野沢安美(同)がメンで1本勝ちした。

...    
<記事全文を読む>