【栃木県日光市で運動部・及川慶修】全国高校スケート、アイスホッケー選手権最終日は23日、栃木県の日光霧降スケートセンターなどで行われ、県勢はスピードの男子盛岡工が2000メートルリレー(佐藤寛人=2年、紺野元暉(げんき)=1年、米田恵隆(けいりゅう)、横沢直太郎=2年)で2分36秒54の7位、同団体追い抜き(米田、紺野、横沢)で4分21秒08の8位に入り、2種目入賞を果たした。

 リレーは前回の5位に続き2年連続、前回から始まった団体追い抜きでは県勢初の入賞となった。女子2000メートルリレーで9位の盛岡農は2分59秒96の県、県高校新記録をマークした。【写真=男子2000メート...    
<記事全文を読む>