ニュージーランド・オークランドに29日から遠征するホッケー男子のユース(U-18)日本代表に沼宮内高のDF中花惇(2年)が選ばれ、23日、盛岡市の岩手日報社を訪れ意気込みを語った。

 中花は川口中(岩手町)3年時にU-16で代表入りして以来、2年ぶりの年代別代表復帰。同社の東根千万億社長から「人生のいいステップとなるよう多くのことを学び、財産にしてほしい」と激励を受け「一つでも多くのことを吸収し、選手としても人としても成長したい」と話した。

 男子のU-18代表は25人が選出され、うち18人がニュージーランド遠征に参加。29日に日本を出発し、同国U-18代表などを相手に4戦して来月...    
<記事全文を読む>