テニスの第30回宮日杯ジュニア選手権最終日は22日、宮崎市のKIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園であった。オープンの部(18歳以下)男子は第2シードの徳丸凌大(宮崎大宮高)が初優勝。女子は第1シードの坂本陽菜(宮崎日大高)が2連覇を果たした。

...    
<記事全文を読む>