ボクシングの第48回全九州高校新人大会最終日は22日、佐賀県高志館高体育館で男女12階級の決勝を行った。県勢は、男子フライ級の中垣龍汰朗(日章学園)が2連覇。ライト級の堤龍之介(同)とミドル級の吉野健吾(同)が初優勝を果たした。女子ピン級の奈須海咲(同)も頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>