フェンシングの全国高校選抜大会北海道・東北予選会最終日は22日、宮城県利府町のセキスイハイムスーパーアリーナで男女団体エペ、同サーブルの4種目を行った。

 県勢は男子の秋田北鷹がエペ、サーブルを制し、前日のフルーレと合わせ3冠を達成。女子の聖霊はエペで優勝し、前日のフルーレと合わせ2冠。女子の横手がサーブルで準優勝した。

 秋田北鷹が全3種目、聖霊がフルーレとエペの2種目、横手がサーブルで全国大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>