重量挙げの近畿高校選抜大会第1日は21日、滋賀県大津市の堅田高であり、男子53キロ級は上野大瑚(兵庫・明石南)がスナッチ82キロ、ジャーク101キロ、トータル183キロのいずれも大会新記録をマークして頂点に立った。

 男子56キロ級では西田陽風(兵庫・須磨友が丘)がトータル187キロで優勝した。女子69キロ級は藤田あかね(須磨友が丘)がトータル156キロで2連覇。同53キロ級は嵯峨里佳子(兵庫・県尼崎工)がトータル135キロで制した。

...    
<記事全文を読む>