全国高校総体(インターハイ)第66回全国高校スケート・アイスホッケー競技選手権大会第3日は21日、日光、宇都宮の両市で行われた。アイスホッケーの日光明峰は2回戦で駒大苫小牧(北海道)に1-3で敗れ、8年連続の8強入りを逃した。

 日光明峰は立ち上がりから積極的に攻めたが、第1ピリオド10分、14分と反則で1人少ないキルプレー中に失点。0-3の第3ピリオド残り1分3秒にFW笹川健太(ささかわけんた)が1点を返したものの、粘り及ばなかった。

 そのほかの県勢は、スピードスケート男子1000メートルの宇賀神怜真(うがじんれいま)(作新)が20位。フィギュアスケート男子予選の平田大和(ひら...    
<記事全文を読む>