スケート、アイスホッケー全国高校選手権は20日、栃木県日光霧降スケートセンターほかで第2日、各競技が始まり、スピードの男女計3種目とアイスホッケーの1回戦10試合、フィギュアの女子予選を行った。スピードの男子500メートルは1回目2位の石川斗来(白樺)が2回目に逆転し合計タイム1分13秒10で初優勝。女子500メートルはトップタイムを2回そろえた稲川くるみ(帯三条)が合計1分21秒92で初優勝した。

...    
<記事全文を読む>