全国高校総体(インターハイ)第66回全国高校スケート・アイスホッケー競技選手権大会第2日は20日、日光市の日光霧降アイスアリーナほかで各競技に熱戦を展開した。

 スピードスケートは男女の500メートルなどを行い、宇賀神怜真(うがじんれいま)(作新)が1回目39秒66、2回目39秒33の合計78秒99で県勢最高の25位に入った。粕谷聖(かすやきよし)(今工)、稲葉聖(いなばこうき)(清陵)、女子の吉原千智(よしはらちさと)(日光明峰)はいずれも2回目の滑走に進めなかった。

 アイスホッケーは1回戦を行い、日光明峰は12-1で関大一(大阪)に勝利した。フィギュアスケートは女子の予選A組...    
<記事全文を読む>