県高体連(会長・山形守平盛岡三校長)は19日、第66回全国高校スキー大会(スキーインターハイ、2月2日~6日、群馬県片品村)の本県選手団を発表した。県高体連スキー専門部の岩沢健二部長(盛岡南校長)を団長に本部役員5人、監督・コーチ12人、マネジャー3人、選手26人の総勢45人(本部役員の1人は監督を兼ねる)で全国に挑む。

 選手はアルペン10人(男子4人、女子6人)、距離12人(男子7人、女子5人)、ジャンプ・複合4人(男子3人、女子1人)。前回より1人少ない。

 アルペン陣は男子の阿部健汰(岩手3年)、女子の佐藤実紅(平舘3年)、距離は女子の滝沢日菜(盛岡南1年)らが入賞を目指す...    
<記事全文を読む>