岐阜県高校総体兼全国高校スキー大会県選考会最終日は18日、高山市のほおのき平スキー場などで男女の回転と距離フリーを行った。

 回転の男子は1年生の下畑岳大(飛騨高山)が2本の合計1分27秒04で初優勝。女子は今村優希(飛騨高山)が1分31秒36で大回転と合わせた2年連続の2冠を果たした。男子は5位、女子は4位までが全国高校大会(2月2~6日・群馬県)の出場権を得た。

 距離フリーの男子10キロでは西本篤史(飛騨高山)が30分25秒5で制し、クラシカルに続く2冠。女子5キロでは橋本ゆず菜(飛騨高山)のみが出場し、24分42秒5で完走した。男子は上位5人、女子は1人が全国出場権を得た。...    
<記事全文を読む>