スキー南・北北海道高校選手権第3日は17日、名寄日進健康の森コースほかでアルペンが始まり、大回転を行った。南大会男子は1年生の相原史郎(東海大札幌高)が1回目2位から逆転、合計1分56秒36で初優勝した。2位には兄の相原太郎(東海大札幌高)が入った。女子は木場海怜(みさと)(札第一)が1分57秒94で2連覇した。

 北大会男子は竹内陽(ひなた)(月形)が初制覇。女子は吉田好(このみ)(砂川)が2年連続で制した。

 距離は男女のフリーを行い、女子10キロは南大会で山石沙也加(恵庭南)が33分32秒4で2連覇した。北大会は福田光(おといねっぷ)が34分40秒8で初優勝した。男子15キロ...    
<記事全文を読む>