第66回全国高校スキー大会の県予選を兼ねた第68回県高校スキー大会は18日にアルペンの大回転、19日に回転をそれぞれ行う。会場は山形市の蔵王温泉スキー場ハーネンカムコース。男女ともに上位勢の実力は拮抗(きっこう)しており、優勝争いは混戦模様だ。

 男子は3年生が頂点に近い。嶋貫亜久里(山形中央)中山大輝(日大山形)榎森啓悟(同)は、いずれも中学時代から全国入賞経験のある有力選手。今季好調を維持している島田慧弥(山形中央)、昨年の前回大会大回転を制した長倉丈(新庄北最上)も高い滑走技術を持っており、上位をうかがう。

 女子も横一線の状態。日大山形勢は鈴木千晴と小田はるながともに3年生...    
<記事全文を読む>