青森県大鰐町の大鰐温泉スキー場で16日開かれた第69回青森県高校スキー大会で、男子リレーの出場校が史上初めて1校となり、男女1校ずつの出場となった。少子化などを背景とした競技人口減少に伴い、近年は男女とも出場校減少が続く。女子は2010年から3年連続の出場ゼロを経て、5年続けて野辺地のみが出場。男子は近年まで出場していた弘前工、東奥義塾が選手4人をそろえられず、野辺地のみが参加した。長年大会運営に携わる関係者は「さみしい」と口をそろえる。

...    
<記事全文を読む>