重量挙げの四国高校選抜大会兼全国高校選抜大会予選会が15日、徳島科学技術高で行われ、愛媛勢は男女計15階級のうち、6階級を制した。

 男子56キロ級は山口優人(新居浜工)がスナッチとジャーク、トータルの全てで大会新記録で優勝。105キロ級は福山草生(新居浜南)が頂点に立った。

 女子は75キロ級の山崎晴子(新居浜南)が、ジャークで大会新、トータルで大会タイをマークして優勝した。同階級の阿部栞(新居浜南)はスナッチで大会新。トータルでも山崎と同じ163キロをマークし競技順により大会新となったが体重差で2位だった。このほか58キロ級で稲本愛里、63キロ級で村上佳菜、75キロ超級で松木優...    
<記事全文を読む>