県高校新人スポーツは15日、鹿沼高弓道場ほかで弓道、サッカーなどを行った。

 弓道は男子の団体・個人を行い、団体は作新Bが24射20中で5年ぶりの頂点に立った。個人は皆中同士の競射の末、鈴木啓太(すずきけいた)(作新B)が優勝、堀内伸晃(ほりうちのぶあき)(同)が準優勝し、団体・個人ともに作新勢が制した。

 サッカーは1回戦28試合を行い、白鴎足利、宇南などが2回戦に駒を進めた。

...    
<記事全文を読む>