ソフトテニスの全日本高校選抜大会四国予選第1日は14日、県総合運動公園体育館で男女各8校が参加し、各県1位校と2位校の2グループに分かれてリーグ戦を行った。

 各チーム2試合を消化し、愛媛勢は1位リーグ男子の済美が1勝1敗、女子の川之石は2敗。2位リーグは女子の今治北が2勝し、男子の西条は1勝1敗となった。

 最終日の15日は、リーグ戦の残りと、1位リーグ3位と2位リーグ1位による第3代表決定戦を実施する。1位リーグの上位2校と代表決定戦勝者が全国大会(3月28~30日・名古屋市)の出場権を得る。

...    
<記事全文を読む>