重量挙げの関東高校選抜大会は14日、さいたま市記念総合体育館で行われ、オープン参加の山根大地(小山南3年)がスナッチで132キロを挙げて日本高校新記録を樹立した。

 女子48キロ級でトータル113キロ(スナッチ52キロ、ジャーク61キロ)を挙げた富山日嘉瑠(小山)が準優勝。男子69キロ級の桜井大輔(青藍泰斗)、女子48キロ級の川崎光唯響(小山南)、同53キロ級の篠原帆澄(栃木翔南)がそれぞれ3位表彰台に上った。

...    
<記事全文を読む>