柔道の県高校新人大会第1日は14日、名張市蔵持町の名張市武道交流館いきいきで男女個人戦があり、男子81キロ級は新井健太郎(名張)が2連覇した。最終日の21日は同会場で男女団体戦がある。

 全国高校選手権(3月19日開幕・日本武道館)の予選を兼ねて実施した。男女個人各5階級があり、各階級の優勝者が県代表として出場する。

 男子81キロ級優勝の新井は、決勝で大内刈りを決めて菅野浩輝(四日市中央工)に一本勝ちした。昨年夏の全国高校総体(インターハイ)は入賞まであと一歩のベスト16で、「(全国高校選手権の)目標はベスト4。今までより良い成績を残せるようにしたい」と話した。
<記事全文を読む>