■距離男子クラシカルは山下(南砺平3年)連覇 県高校総体スキー競技会第2日は12日、南砺市のたいらスキー場などで大回転と距離クラシカルを行い、2回の合計タイムを競う大回転は男子の松本竜河(砺波2年)が1分29秒44、女子の村上実紅(砺波工3年)が1分31秒90でそれぞれ初優勝した。たいらクロスカントリーコースであった距離クラシカルは、男子(10キロ)の山下陽暉(南砺平3年)が28分56秒7で2連覇し、女子(5キロ)の広瀬悠(雄山2年)が17分38秒7で初優勝を飾った。

 最終日の13日は同会場で回転と距離リレーを行う。

 【アルペン】◇大回転▽男子(1)松本竜河(砺波2)(2)吉田龍...    
<記事全文を読む>