柔道の第39回全国高校選手権予選を兼ねた県高校選手権第1日は9日、県武道館で男女個人の各5階級を行い、男子60キロ級は川上武士(越谷西)が初の栄冠を獲得した。

 同73キロ級は岡安智弘、81キロ級は杢優蔵(以上大宮工)が初タイトル。66キロ級は西願寺哲平、無差別級は岩田歩夢(以上埼玉栄)が初の頂点に立った。

 女子63キロ級は宮島朝比(ふじみ野)が初優勝を飾った。他の4階級は埼玉栄が制し、52キロ級は昨年の全国高校選手権優勝の富沢佳奈が2連覇。無差別級の都結乃も2年連続で1位に輝いた。48キロ級は溝口愛歌、57キロ級は角田奈々が初制覇した。

 各階級の優勝者が全国高校選手権(3月19...    
<記事全文を読む>