空手の第30回記念桃太郎杯全国高校錬成大会(山陽新聞社後援)最終日は6日、岡山市のジップアリーナ岡山で男女組手の団体と個人で争う1年生大会があり、男子団体は京都外大西(京都)、女子団体は御殿場西(静岡)がそれぞれ14年ぶり3度目の栄冠を手にした。個人は男子が荒木弘貴(日本航空)女子は提箸みく(横浜創学館)が頂点に立った。

 岡山勢は本大会に続き入賞を逃し、男子団体のおかやま山陽、同個人の安井竜汰(倉敷)、中村秀磨(朝日)が16強に入ったのが最高だった。

...    
<記事全文を読む>