高校スキーの群馬県選手権兼関東大会県予選最終日は6日、長野原町の軽井沢スノーパークでアルペンの男女回転、みなかみ町の水上高原クロスカントリーコースでノルディック距離の男女クラシカル(男子10キロ、女子5キロ)が行われた。

 回転は男子の関輝(沼田)が2年ぶりに制し、前日の大回転と合わせて2冠。女子は平井若菜(前橋商)が初優勝した。

 クラシカルは男子で干川桐摩(嬬恋)が2年ぶりに頂点に立ち、女子は笹川茉由(沼田女)がフリーとの2冠を達成した。

...    
<記事全文を読む>