8日に閉幕したバレーボールの全日本高校選手権(春高バレー)の男子に新しい風が吹いた。1949年の創部以来初となる出場を果たした慶応。惜しくも目標のベスト4には届かなかったが、全国で2勝を挙げて確かな力を示したチームの頑張りの裏には、選手を...

...    
<記事全文を読む>