バレーボールの全日本高校選手権第4日は7日、東京体育館で準決勝が行われ、女子は就実(岡山)と下北沢成徳(東京)が勝ち上がり、男子の決勝は東京勢同士の駿台学園―東亜学園の顔合わせとなった。

 就実はフルセットで国体優勝の金蘭会(大阪)に競り勝ち、2連覇が懸かる下北沢成徳は鹿児島女を3―1で退けた。全国高校総体覇者の駿台学園は3―1で習志野(千葉)を下し、東亜学園は3―0で高川学園(山口)に勝った。

 決勝はともに8日に実施される。

...    
<記事全文を読む>