バレーボールの全日本高校選手権第3日は6日、東京体育館で3回戦と準々決勝が行われた。女子の就実(岡山)は郡山女大付(福島)に続き前回準優勝の八王子実践(東京)にもストレート勝ち。優勝した1995年度(当時は全国高校総体)以来、21年ぶりに4強入りした。7日の準決勝で国体覇者の金蘭会(大阪)と対戦する。ほかに2連覇を狙う下北沢成徳(東京)と鹿児島女が準決勝に進んだ。

 男子は全国高校総体を制した駿台学園のほか、東亜学園(ともに東京)、習志野(千葉)、高川学園(山口)が4強入りした。総体準優勝の清風(大阪)は3回戦で東亜学園にフルセットの末、敗れた。

...    
<記事全文を読む>