全日本高校バレー第3日は6日、東京体育館で3回戦と準々決勝が行われ、男子の仙台商は大村工(長崎)に競り勝って初の8強入りを果たしたが、習志野(千葉)に敗れて準決勝進出はならなかった。一関修紅(岩手)は洛南(京都)に、弘前工(青森)は習志野にともに3回戦で負けた。

 ▽男子準々決勝習志野(千葉) 2 26-24 0 仙台商          25-18 仙台商が相手の高さに屈した。第1セットは一時8点差までリードを広げたが、エース安孫子のスパイクがブロックにつかまるなど、ジュースの末に24-26と逆転を許した。中盤まで競り合った第2セットも相手の速攻を封じることができず、突き放され...    
<記事全文を読む>