第69回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)第3日は6日、東京都の東京体育館で男女の3回戦と準々決勝が行われた。本県女子代表の郡山女子大付は3回戦で就実(岡山)にセットカウント0―2で敗れ、8強入りはならなかった。郡女大付は、3年生の出場が可能となった第63回大会以降、本県女子代表として初めて3回戦に進んでいた。

 最初で最後の春高。誰よりも憧れた舞台を存分に楽しむことができた。郡女大付のエース目黒安希(3年)は強豪相手に得点を重ね「自分の力が出せた」と晴れやかだった。

...    
<記事全文を読む>