【東京支社】バレーボールの第69回全日本高校選手権(春高バレー)第3日は6日、東京体育館で男女の3回戦、準々決勝が行われ、県勢は3回戦で男子の一関修紅(5年連続11度目)が洛南(京都、3年連続21度目)に0-2で敗れ、8強入りはならなかった。

 一関修紅は第1セット、動きが硬く16-25と振るわなかった。第2セットは持ち前のコンビバレーで粘りを見せたものの、高さのある相手攻撃を止められず23-25で落とした。

...    
<記事全文を読む>