全日本高校バレーは6日、東京体育館で男女の3回戦が行われ、男子の仙台商(宮城)は大村工(長崎)に2-1で勝ち、準々決勝へ駒を進めた。引き続き4強入りを懸け、弘前工(青森)を2-0で下して勝ち上がった習志野(千葉)と対戦。

 仙台商は第1セットを25-21で奪ったものの、第2セットは18-25で落とす展開。第3セットは持ち前の勝負強さを発揮し、25-23で競り勝った。

 4年連続5度目の出場の仙台商がベスト8入りするのは初めて。

...    
<記事全文を読む>