バレーボールの全日本高校選手権(春高バレー)第2日は5日、東京体育館で2回戦が行われ、神奈川代表は2校が3回戦に進出した。男子の慶応が西原(沖縄)を2-1で下し、女子の大和南は古川学園(宮城)に2-0でストレート勝ち。橘は西日本短大付(福岡)に1-2で競り負けた。

 このほか、男子は3連覇を狙った東福岡が1-2で一関修紅(岩手)に屈し、前回準優勝の鎮西(熊本)は習志野(千葉)に0-2で敗れた。高校総体覇者の駿台学園(東京)は2-0で上越総合技術(新潟)を下し、大村工(長崎)は大塚(大阪)との強豪対決をストレートで制した。

 女子は2連覇を目指す下北沢成徳(東京)が福井工大福井に、国...    
<記事全文を読む>