バレーボールの全日本高校選手権は4日、東京体育館で開幕して1回戦が行われ、長野県代表の男子の創造学園は1―2で大村工(長崎)に敗れ、女子の松商学園も1―2で岡崎学園(愛知)に競り負けた。

 創造学園は3枚ブロックで主導権を握って第1セットを先取した。しかし、第2セットは攻撃がかみ合わず中盤に追いつかれ、ジュースにもつれた接戦を落とした。第3セットも流れをつかめないまま、大村工のクイック攻撃に後手に回り、振り切られた。

 松商学園は第1セットは持ち前の守備力を生かして25―22で先取したが、第2セットは岡崎学園の高いブロックに苦しみ、サーブの失敗などもあって奪われた。第3セットは相手...    
<記事全文を読む>