全日本高校バレーは4日、東京体育館で開幕して1回戦が行われ、女子は米沢中央(山形)、由利(秋田)、郡山女大付(福島)が勝ち上がり、弘前学院聖愛(青森)、盛岡誠桜(岩手)が敗退した。全国高校総体4強の就実(岡山)が2-0で京都橘を下した。誠英(山口)もストレートで札幌大谷(北海道)に快勝した。

 大会は男女各52校が参加。準々決勝まで3セット制、準決勝と決勝は5セット制で争われる。◎米沢中央・エース高橋茉存在感 2年ぶりに出場した米沢中央のエース高橋茉が存在感を発揮した。鋭いスパイクで勝利に貢献した3年生は「全国での1勝は大きい。うれしい」と笑顔を見せた。

 高橋茉は1年時、アジア・...    
<記事全文を読む>