バレーボールの全日本高校選手権(春高バレー)が4日、東京体育館で開幕し、女子県代表の富山第一(4年連続9度目)は2-0(25-12、25-18)で増穂商(山梨)に快勝した。男子県代表の高岡第一(3年連続18度目)は弘前工(青森)に0-2(18-25、18-25)で敗れ、初戦で姿を消した。

 女子の富山第一は、レシーブからつなぐ粘り強いプレーを展開し、クイックや1人時間差など多彩な攻撃も随所で決めた。5日の2回戦では東九州龍谷(大分)と対戦する。

 男子の高岡第一は攻守にミスが相次ぎ、序盤から波に乗れない展開。主将の吉川や3年の大畠、1年の上代らが得点したが点差を縮められず、ストレー...    
<記事全文を読む>