バレーボールの第69回全日本高校選手権が4日、東京体育館で開幕する。2年連続4度目の出場となる徳島県の男子・城東は1回戦で伊勢崎(群馬)と対戦。5年連続9度目出場の女子・城南は富士見(静岡)とぶつかる。城東、城南ともまずは初戦突破に照準を合わせている。

 ◎城東男子 サーブで崩し勝機を 城東はレフトの板谷主将とライトの武田将の3年生2人が攻撃の要。2年生で189センチの長身センター庄野、レフト岡田は高さとジャンプ力がある。県大会と同様、セッター谷の巧みなトス回しからコンビ攻撃が展開できるか。

 伊勢崎は先発が予想される6人の平均身長が183センチで、城東より約4センチ高い。190セ...    
<記事全文を読む>