自慢のコンビバレーに磨きをかけ、県大会では1セットも落とさずに2連覇を達成した。悲願の「全国1勝」を目指す。

 持ち味の多彩な攻撃を支えるのは、高校入学以来、3年間司令塔を務めるセッターで主将の鐘ケ江麻衣。速攻や時間差など巧みなトスワークで相手ブロックを揺さぶる。

 ミドルブロッカーの松永歩未と江藤綾香は県内一を誇る高さが武器。得点源となるウイングスパイカーの宮崎琉加と千葉奈緒は、ともに跳躍力があり、機動力も生かして切れのあるスパイクを放つ。伝統の粘り強いレシーブ力も健在で、中島有彩、山田真奈の両リベロが堅守で支える。

 チームは、インターハイを含め一昨年から全国大会未勝利で、野中健...    
<記事全文を読む>