▽男子決勝  飛龍 85(22―23 18―15 24―22 21―17)77 浜松学院  ■走り勝ち、覇者破る  5人が縦横無尽にコートを走り回った。男子の飛龍は先発に180センチ台が1人だけと小柄だが、スピード感あふれる攻撃で昨年覇者の浜松学院を破った。「全試合100得点を目指してきた。(77-66の)準決勝と(85-77の)決勝は達成できなくて悔しい」という伊東主将の言葉が、充実度を物語った。  1年トリオの思い切りの良さが光った。関屋が31得点し、杉山も相手エースのダシルバにマークされながら14得点。出場時間が10分程度だった山村は要所で...    
<記事全文を読む>