▽女子決勝 浜松開誠館 68(16―23 22―7 16―16 14―17)63 駿河総合 ■全国8強の貫禄 女子は全国選抜8強の主力が残る浜松開誠館が貫禄を見せた。昨秋の選抜静岡県予選決勝で破った駿河総合を再び下した。石田主将は「いいスタートが切れた」と振り返った。

 31得点の石田の活躍が目立つが、収穫はエース不在でも粘れたこと。50-40の第3クオーター終盤、石田が反則四つで一時交代するピンチに立たされた。「リバウンドで食らい付き、何度も攻撃しようと思った」と1年鈴木。石田が再出場するまでの約8分30秒の間、リードを保った。

 全国の経験が自信になっている。「ベンチで見ていて...    
<記事全文を読む>