能代工はボールへの激しい執着心を見せ、リバウンド、ルーズボールを奪取。粘り強い守備からスピード感あふれる攻撃を展開し、決勝リーグ3戦3勝で王座を取り戻した。事実上の優勝決定戦となった昨年王者の平成戦では最終クオーターに追い上げられ、3クオーターまでの貯金で逃げ切る薄氷の勝利。それでも栄田直宏監督は「ゴール下で存在感を発揮でき、ドライブなど積極的な攻撃ができていた」と納得の表情を見せた。

 ゴール下からのシュートを重ねて主導権をつかみ、児玉凜斗主将(2年)、石田淳(同)を中心にドライブや3点シュートで加点。石田は「全員でリバウンドやルーズボールに食らい付き、速攻につなげられた」と胸...    
<記事全文を読む>