サッカーの県高校新人大会は21日、恩納村の赤間運動公園陸上競技場で男女の決勝を行った。男子は小禄が2―1で那覇を破り、31年ぶりに3度目の栄冠を手にした。小禄、那覇の両校は2月9日から佐賀県で開催する第38回九州高校(U―17)大会に推薦される。女子は美里がコザを1―0で制し、8連覇を達成した。◆縦攻撃さえ、最後は全員守備/男子小禄 相手の裏に抜ける縦の攻撃を得意とする小禄イレブンが、決勝で持ち味を発揮。大会直前の練習試合で1―5で敗北した那覇を制し、31年ぶりの栄冠を手にした。宮崎貴士監督は「強豪チームを打ち破るたびに成長してくれた」と喜びをかみしめた。

 小禄のショートカウン...    
<記事全文を読む>